脂肪冷却と健康なダイエット

yjimage

妊娠して安定期に入りようやく太り始めました。私は思春期にかなり太ったのでおそらく脂肪細胞の数は少なくはないと思います、この妊娠を気にしっかりダイエットについて考えていかなければなりません。今また人生の中で太りだしているのですが、20代後半から今年の夏までは、実はどう頑張っても太れませんでした。これを言うとかなり嫌味のように聞こえてしまうと思いますが、本当に太れなかったのです。そしてようやく妊娠中の自宅安静により太りだすようになりました。食欲や妊娠しているということで体の環境が変わったからというのが大きな要因ですが、妊娠初期の頃も太れなかったので、他に理由があると思いまた振り返って見ました。私の場合の痩せ方はとても体に負担がかかっていたと思います。

妊娠前はとくに小食でものを食べるとすぐにお腹がいっぱいになり、食べたら気分が悪くなる体質でした。しかし極限まで空腹になると、その時の食事の量はかなり多く自分にとっては暴飲暴食をしてしまっていました。胃腸が弱いので、それだけ食べても消化がうまくできず、お腹を壊すという悪循環でした。この時期の考え方ですが、仕事にしても人間関係をうまくやっていくことに対しても妥協を許さず、一度決めたことは何があってもやり通すという考え方だったので、自分自身を追い込んで常に疲れていました。こうなると自律神経もうまく働かず、胃腸が弱くなるのも当然ですよね。自分の身に何が起ころうと、目的を果たさなければいけないと思いこんで日々生活をしていました。この時、体はというとかなり痩せており、胸板やあばら骨が皮膚から浮き出ているのが良く分かりました。

いくら痩せているほうがいいとは言え、このような痩せ方は絶対によくないです。顔も老けて見えてしまします。妊娠をし、少しトラブルがあったので、これまでの考え方を逆転せざるを得ない状況になりました。ゆっくり動き、できないことはできない。妥協も必要だと思うようになり、主人からも顔が怖くなくなったと言われました。考え方が変わったので、太るようになりました。太りすぎは様々な病気を招くのでしっかり気を付けなければいけませんが、健康的に痩せなければ意味がありません。脂肪冷却と脂肪吸引、双方の違いを見てきました。即効性を選ぶのか体に負担がかからない方法を選ぶのかは自分で判断することですが、自分の気持ちとこれからの健康を考えて決めていく必要があると思います。

脂肪冷却と一緒に姿勢も改善!

y-j3

毎年様々なダイエットが話題になりますが、なぜなのでしょうか。女性にとってスッキリと痩せた体は人前でもきれいに見せるために必要ですが、何といっても肥満が進行すると糖尿病や心臓病、高血圧というように体の健康を害し、ひどくなれば命に係わる病気になってしまう可能性があります。生命を維持するために、日々の食事が大切なのにそのせいで命に危険が及んでしまっては元も子もありません。実際に脂肪冷却を行うと、機械を使って痩せたい部分を4℃まで冷やして凍らせ、後は自然に体外に排出されるのを待つという流れになります。即効性はないので食事に気を付ける必要があります。凍って老廃物となった脂肪細胞は、便や尿として体外に排出されるので、食事と代謝を良くするように心がけるとよいでしょう。せっかく、脂肪冷却を行っても便秘だとしっかり効果がでないですよね。食事に気を遣うことも大切ですが太りやすい要因として姿勢も影響してきます。猫背や骨盤が歪んでいる、O脚など体が歪んでいると不要な部分に脂肪がつきやすくなります。19歳の時に骨盤矯正に初めて行きました。

施術してもらった先生に、前からみたら若いのに、後ろ姿はおばさんだと言われました。言葉だけ捉えたらかなりひどいですが、当時は姿勢がとても悪く猫背が目立っていたので、反論することなく認めました。猫背がひどかった当時はもちろん太っていました。肩甲骨周りと二の腕に脂肪がつき、骨盤が歪んでお腹が出ている状態でした。猫背なので肺も圧迫され呼吸が浅くなっていました。呼吸が浅いので酸素がいきわたらず、体内の循環もとても悪かったと思います。ここで姿勢を強制してもらい、骨盤の歪みと猫背は少し改善しました。その後急激には痩せてはいませんが、姿勢を正し血行も変わったので不要な部分の脂肪、とくに背中の脂肪がなくなっていきました。このように姿勢も肥満に関係しています。老廃物をスムーズに体外に排出するには、血行をよくすること、血行をよくするためには姿勢にも気を付けることです。姿勢に気を付ければ無理な運動もせずに済みます。脂肪冷却に合わせて、猫背や骨盤が歪んでいたら、併せて姿勢も気を付けることが大切ですね。

男性と女性の脂肪の違いとは?

metabolic_man

脂肪冷却は、皮膚の上から機械をあてて脂肪急激に冷やすという方法です。そのため皮膚のすぐ近くに脂肪がないときちんと冷えないことになりますよね。そこで、男性と女性の脂肪の違いについて考えてみます。良く言われるのが男性はお腹がポッコリ出てくるため内臓脂肪が多い、女性は全体的に脂肪がつき、触った感じは柔らかくプニプニしているので皮下脂肪が多いです。自分の親を例にあげますと、父は20歳くらいまで胃腸が弱くごく少量しか食事がとれず、食べると胃痙攣を起こしていました。食べられないので当たり前ですが男性なのにウエスト56cmのパンツでも大きすぎてベルトをきつく締めていました。しかしこの状態が続くのはあまりよくないとのことで、父の姉が針治療を進め、素直に受けに行ったところ、足から肩のところまで1本のライン状に針を打たれました。針治療後、好転反応なのかすごく体調が悪くなり、針治療をしたせいで余計に悪化したのではないかとかなり心配したようです。しかしその後は胃腸の調子も良くなりおいしく食事がとれるようになりました。それが良かったのか悪かったのか、今は60代半ばになりましたが、お腹が出ておりしっかり中年太りになっています。父の場合、お腹は出ていますが、そのお腹の肉はつかみにくいのでやはり内臓脂肪がついていることが分かります。

母の場合ですが、母は20代前半まではかなり太っていました。良く食べていたそうです。昔の写真を見ても、成長期の太り方で顔がパンパンでした。そんな母も弟を産んだ後、ガリガリと言っていいほど痩せていきました。母の姉妹も若い時に太り、年齢を重ねると痩せている人ばかりです。年齢を重ねると太るというほうが一般的ではありますが、母も含め姉妹たちは年齢を重ねると痩せていっています。母は若い時に太っていました、この時についていたのは内臓脂肪ではなく皮下脂肪です。男性と女性の脂肪の違いについて記載しましたが、脂肪冷却も脂肪吸引も内臓脂肪にアプローチすることは難しく、皮下脂肪がある女性に向いていると言えます。ただ大きな違いは、体への負担です。脂肪冷却は、肌を傷つけずにゆっくりと脂肪を減らしていきますが、脂肪吸引は体を切って機械を差し込み、脂肪を吸い取るので、手術の要素が入ってきます。どちらを選ぶかはかなり吟味しなければいけないと思います。こちらに脂肪冷却と脂肪吸引の違いについて詳しく記載がありますので、ご覧になってみてください。脂肪冷却を行うにも、向き不向きがあるので、自分のからだを良く知ることが大切です。

空腹はダイエットの大敵

ƒvƒŠƒ“ƒg

脂肪吸引や脂肪冷却について考えていると、どうも脂肪のことが気になって仕方がありません。脂肪の種類ですが、皮下脂肪や内臓脂肪は耳なじみがありますよね。私のイメージとしては、皮下脂肪は女性に付く、内臓脂肪は男性に付くというものです。この脂肪を無くしたいと思って脂肪冷却をします。脂肪はどんな脂肪でも無くしたいもの、やっかいものと思っていましたが、無くしてはもったいない脂肪がありました。厳密にいうと、脂肪細胞の中の「褐色脂肪細胞」という細胞で、皮下脂肪などの脂肪細胞を燃やす働きがあります。寒いところにいても体温を保ったり、食後に体が温まってくる時に働く細胞です。皮下脂肪の細胞を燃やしてくれるのですから、大切な細胞ですよね。食べたあと確かに体は暖かくなりますが、こんな細胞が体の中にあったなんて知りませんでした。脂肪を増やさないために、エネルギー(よくある脂肪)を燃やしていかなければいけないですね。ただこのカロリーを消費するのは容易なことではないので、脂肪冷却などの助けを借りることもダイエットの支えになります。

食生活の見直しも大切なのですが、食べないで痩せるのは、一番やってはいけないようです。本当にダイエットというのは、一筋縄ではいかないですね。私は胃腸が弱い分、空腹をすぐに感じることができず、長時間食べないでいることがありました。長時間食べずにいて、急激に空腹と胃痛に襲われるのです。空腹を感じている時は、血糖値も下がっているので、ふらつきもしますし栄養のあるものを料理して食べようという意欲もなくただとにかく食べ物をむさぼりたい衝動にかられます。何でもいいから食べたくなるので、急激に血糖値があがるような菓子パンやお菓子を食べてしまうのです。もしくは食事をとれたとしても、ドカ食いをしてしまうのです。ドカ食いは消化器系にすごくダメージを与えてしまいます。空腹時に甘いものを食べると急激に血糖値が上がり、その急激に上がった血糖値を急激に下げようと体が頑張るので、低血糖に陥って体調不良となります。私の空腹時の体験は食事制限とは少し違った視点ですが、食事制限を続けると、体が無理な反応を起こしてしまいます。カロリーを落とした食事をしようと思ったら、空腹とのバランスを特に気を付けなければいけませんね。

脂肪冷却と腸内環境のつながり

yjimage

脂肪冷却で体に負担をかけずに脂肪を排出することができますが、生活習慣、食生活が乱れると効果が薄くなります。食事制限をしなくてもいいとも言われていますが。せっかく脂肪冷却をするのですから、しっかり効果を出したいですよね。ダイエットには健康な食生活が必要です。さらにしっかりと栄養のあるものを取り入れ、排出もとても重要になってきます。ダイエットの大敵である便秘ですが、私は便秘になることが一番辛いと思っています。私は便秘になると、朝起きた時に何とも言えない体のだるさに襲われます。顔がむくんで朝から憂鬱になり、極端に食欲が落ちます。妊娠してからは、便秘になると吐き気まで起こっています。あとはニキビや、口臭も気になりますね。

便秘は体の不調はもちろんですが、気持ちまでネガティブになってしまう時があります。いつもうまくコミュニケーションができているのに、なぜかうまくできない。イライラするようなことがあれば便秘になっていることが多いです。このようなことから自分が便秘になっていることに気が付いて、慌ててヨーグルトを食べたり足ツボマッサージをしたり、対策を行う訳です。ただ今は妊娠中なので下手に足ツボマッサージをするとお腹に影響が出てらいけないので避けています。仕方なく病院で処方された薬を飲みながら、乳酸菌を取るようにしています。

便秘はいつものことなのですが、ただ食べたいからという理由で「キムチ納豆」を2日続けて食べました。便秘に即効で効いたのではないですが、このキムチ納豆が腸にとても良いのです。食べた後にお通じがあり、むくみもスッキリしました。キムチ納豆は単純に味が好きなので食べたのですけど、まずこのキムチが便秘にとてもいいことが分かりました。キムチには乳酸菌がいるのですが、この乳酸菌がとても強くちゃんと生きて腸まで到達します。納豆もネバネバがあるので粘膜の助けにもなるし腸にとってはどちらも強い味方ですね。脂肪冷却に合わせて、腸の環境も整えるとさらにダイエットに期待ができますね。

脂肪冷却でトータルケア

465

脂肪冷却は、体を切るのではなく脂肪細胞を凍らせ脂肪として機能させなくし、自然と排出される仕組みです。時間をかけて痩せていく方法ですね。脂肪吸引は、直接脂肪を吸い取るので手術として扱われています。即効性はありますが、体に負担がかかるのは間違いないですね。痩せるためにはこの脂肪をどうにかしなければいけないのですが、私は以前遺伝子キットでどんな肥満遺伝子を持っているか調べたことがありました。

こちらもみなさんは聞かれたことがあるかと思います。お腹からなど上半身から太りやすくなるリンゴ型、下半身から太りだす洋ナシ形、生活習慣が乱れて太ってしまうアダム・イブ型、あとはバナナ型もあります。もうこれはあまり話題になってないですが、私はアダムとイブ型でした。太る原因は生活習慣が悪くて太るというタイプです。高校時代は、成長期も重なって半端ない食欲だったので、信じられないほど太りました。その後社会に出て色々あり、痩せていくのですけど20代後半から妊娠する30代前半までは標準体重のマイナス10kgで過ごしていました。とくにダイエットをしたわけではないのですが、この期間は全然太れなかったのです。

現在妊娠し、妊娠初期も太らず無茶をしていたら、腹部の張りがひどくなり、医師から自宅安静とほとんど動かないで寝て過ごしてと言い渡され、1か月強食べては寝を繰り返していました。体調は良くなりついに体全体に太ってきました。やはり生活習慣が変わると太りましたね。

肥満遺伝子の話に戻りますが、私はバナナ型もすこし入っている可能性もあるようで、このバナナ型というのは、太りにくいけど一度太ったら痩せにくいタイプなのです。さらに思春期までに太っていた人は脂肪細胞の数もたくさんあると言われているので、出産後の自分の肥満は決定したということも同然です。妊婦なので太らなければいけないのですが、出産後体重は落ちにくいことは想像がつきます。それと太った分、皮も伸びているのでたるみも気になります。でも今まで入院もしたことがないし、もちろん手術の経験もありません。自分の脂肪でいよいよ困っても、脂肪吸引は性格的に受け入れにくいです。脂肪冷却は、ゆっくり自然に脂肪を減らしていけますよね。それと同時に食生活や生活習慣の見直しも必要です。脂肪冷却で生活面もトータル的に体質改善が行えるといえます。

脂肪冷却でキレイにダイエット

diet_before_after

今までの人生の中で、急激に太ったときと、急激に痩せた時を振り返って見ました。急激に、最高に太った時というのが高校生の時で、身長が150cmにも満たないのに、レディースのジーンズの最大のサイズが入らないくらいでした。成長期だったのかとにかく食欲が収まらず、欲望のままに食べていましたが、胃痛も激しかったです。ニキビも顔中にできて、最悪な容姿でした。食べたいままに食べますが、罪悪感も激しく自分の容姿コンプレックスに悩まされました。高校生の頃は、同級生たちはだいたい痩せていました。なぜ自分だけこんなに太っているのか、自分を責めて苦しかったです。しかし単純に必要以上の量を食べていたから太ったのです。太りやすい年頃というのも相まって人生で最大の体でした。学生を卒業し、20代前半までは、少し痩せましたがぽっちゃりは否定できない体でした。20代後半になると高校時代の体重より14kgは減っていてBMIでいうと痩せすぎの部類でした。

なぜ痩せられたかというと、仕事をするようになりストレスで痩せたと思います。デスクワークが主でしたので筋力も落ちて体重も減りました。とくにダイエットを試みたわけではないのですが、ストレスで食欲も出ず、極端に体重が落ちたので、太ももとお尻にセルライトができています。顔のほうれい線もできました。やはり食べずに痩せてしまうと、体全体に潤いがなくなり病的に見えます。美しくやせられないです。セルライトはもうずっと消えていません。太ももとお尻にできているので、普段人前にさらす場所ではないですが、やっぱりいい気はしないです。そのまま30代に入っても痩せすぎは治りませんでした。筋力がないので、浮腫みやすくもなるし疲れやすい体質になってしまっています。脂肪冷却は、脂肪を凍らせ脂肪としての働きをできないようにさせ、ゆっくり時間をかけて脂肪を体外に排出していく方法です。体に負担をかけずに、ゆっくり不要なものを出していける方法なので、負担をかけずにきれいに痩せられるというわけですね。ただ即効性はないので、暴飲暴食をしてしまっては意味がありません。食事の方法も考える必要があります。体に負担をかけないダイエット方法が、今の時代に合っているのですね。

そもそも脂肪って何!?

1shibou_nensyou歳未満の赤ちゃんを触るととても柔らかくて脂肪がついていますよね。思春期の女の子も人によってはふっくらしてきますし、妊婦さんはもちろん赤ちゃんを育てるために体に脂肪がつきます。中年の男性は内臓に脂肪がつくので、おなかが出てきます。男性に限らず、女性も然りです。そしてよく食べて太っている人は体に脂肪がついてきます。簡単に言うと、体の二の腕や太ももなどしっかりつかめる部分が脂肪です。ダイエットの敵とも言える脂肪ですが、そもそも脂肪とは何のでしょうか。

ダイエットをしていたら、とても憎たらしくなる脂肪ですが、本来は体を守ってくれているものです。脂肪がついているおかげで寒さから守られているし、もしお腹が減ってすぐに食べられなくても脂肪が蓄えているエネルギーで体の維持ができます。しかし現代は食べ物がすぐに手に入るので、脂肪が本来の役割を果たせず、そのエネルギーは使われなくなって体にたまり、嫌われ者となるわけです。

当たり前ですが、カロリーの高いものを食べてそのエネルギーを使わなければ脂肪となって体に蓄えられます。何も考えずに食べていたら太るし、おいしいものはそこら中にあるのですから、食欲のままに食べていたら太るのは当然です!いくら痩せていても生活習慣の乱れや、年齢を重ねることにより残念ながら誰でも太ってしまう可能性はあります。

以前テレビで脂肪冷却について放送されていました。脂肪がついているところを感覚がなくなるまで冷やしていました。そのあとは見なかったのですが、脂肪冷却が実際どうなるかというと、冷やして脂肪として働かなくなった細胞が自然に排出されていく仕組みです。以前からあった脂肪吸引は、脂肪がたまっているところに機械をさして、脂肪を吸引させていく方法ですよね。もうこうなったら手術です。もちろん麻酔はしていると思いますが、何とも痛々しいです。もちろん脂肪吸引をして前向きになれた方もいらっしゃると思いますので、一概には言えませんが。脂肪吸引自体は今すぐ痩せられるわけではないですが、自然に排出されていくわけですから、ダイエットは体に負担がかかりにくいというのに越したことはありません。

角質細胞間脂質の機能

肌は水分を補填するだけでは、満足に保湿が行われません。水分をストックし、潤いを守りつづける天然の保湿剤の「セラミド」を今後のスキンケアに足すのもいいと思います。
空気が乾燥しやすい秋から冬にかけては、ひときわ肌トラブルを招きやすいときで、乾燥肌や肌荒れ改善対策に化粧水は絶対必要です。けれども使用方法によっては、肌トラブルを招くもとになってしまうことも少なくありません。
洗顔直後に塗る導入液は、肌に留まっている油分を払拭する役目を担います。水溶性のものと油分は弾きあうことから、油を取り除いて、化粧水の肌への吸収性を後押しするということになります。
セラミドは割と高価格な原料という事実もあるため、添加量に関しては、末端価格が手頃でリーズナブルなものには、気持ち程度しか混ざっていないことがほとんどです。
刺激から肌を守る役割を果たす角質層にある水分は、2~3%程度を皮脂膜、概ね18%を天然保湿因子、それ以外の約80%は、セラミドという名称の角質細胞間脂質の機能により維持されていることが判明しています。
気温も湿度も下降する冬という季節は、肌にとりましてはとても大変な時節なのです。「どんだけスキンケアに力を入れても潤いが守りきれない」「肌がゴワゴワする」などの感じを受けたら、ケアの仕方を見直した方がいいでしょう。
乱暴に洗顔をすると、顔を洗うたびに天然の肌の潤いを流し去り、極度に乾燥してキメが粗い肌に変わってしまうこともあります。顔を洗ったら間をおかずに保湿をして、お肌の潤いを徹底的に維持してください。
ヒアルロン酸が配合された化粧品を使うことによって目指すことができる効果は、秀でた保湿能力による目元の小ジワ予防や修復、肌がもともと持っているバリア機能の維持など、美しい肌をゲットするためには絶対に必要なもので、ベースとなることです。
外側からの保湿を考えているのであればその前に、原因でもある「こすり過ぎ」てしまうのと「洗いすぎ」てしまうのを正すことが第一優先事項であり、また肌が欲していることだと言えます。
美肌には「潤い」は大切なファクターです。最初に「保湿の重要性」を学習し、意味のあるスキンケアを実践して、柔軟さがある滑らかな肌を狙いましょう。
広範囲に及ぶスキンケア製品のトライアルセットを体験してみて、実用性や実際に確認できた効果、保湿能力の高さなどで、「おすすめできる!」と思ったスキンケアをお知らせいたします。
ビタミンAという成分は皮膚の再生に影響を及ぼし、美容と健康の維持に役立つビタミンCは肌の弾力を保つために必要なコラーゲンの合成促進を行なう働きがあります。簡潔に言えば、諸々のビタミンも肌の内部からの潤い対策にはないと困るわけです。
セラミドの保水パワーは、肌の小じわや肌荒れを軽減してくれますが、セラミドを抽出するための原材料の価格が高いので、それが摂り入れられた化粧品が高くなってしまうことも多いようです。
欠かさず化粧水をお肌に含ませても、良くないやり方の洗顔を続ける限り、これっぽっちも肌の保湿にはならない上に、潤いを感じることもできないと思います。覚えがあるという方は、とにかく洗顔方法を改善することから開始しましょう。
有益な役割を担っているコラーゲンだと言っても、歳をとるごとに生成量が低減していきます。コラーゲンの量が落ちると、肌のふっくらとした弾力感は消え、最も毛嫌いしたいたるみに繋がってしまうのです。